終の棲家 プロジェクト2017年09月03日

妻が亡くなり、娘もそろそろ家庭を持つ(はずだけど)。ここらで自分だけのための、独りで死ぬまで住める家を作ろうと思う。終活のスタートと言えなくもない。メインテーマは音楽室のある家だ。

場所は家族が長年住んでいてこれからも娘が住むであろう堺。堺は、あまり緑豊かなイメージはないかもしれないが、実は、堺区には大阪でも有数の立派な公園、大泉緑地や大仙公園がある。娘が住んでいる堺東と、大泉緑地、大仙公園で囲まれるエリア内を中心に土地探しを始める。

百舌鳥古墳群


知り合いの不動産屋に声をかけておいたら、大仙公園の近くで分譲地が出ているという。取りあえずと思って盆休みに見に行ったら、いきなり気に入ってしまった。世界遺産に推薦された百舌鳥古墳群エリアのど真ん中で、大仙公園まで徒歩3分。世界遺産登録を目指し、風致地区指定されているので、これから街並みが整備される。大きな土地ではないが、一人住まいには十分そうだ。

大仙公園



翌週には、設計をお願いする予定の、音楽室を得意とする設計士の先生に神戸から来ていただいて、打ち合わせ。いつの間にやら本格的に家づくりプロジェクトが始まった。色々構想を考えると楽しい。独り住まいなので、自分だけの好みで我儘な家が作れる。しかし、当然のことかもしれないが、ワクワクしているのは自分だけで、周囲は私の計画に反対はしないが、あまり関心を示してくれない。マンションのほうが良くないの?とか、ワンちゃん飼ったら?、位の反応しかない。まあ、自分の住む家でなければそんなものか。

それはともかく、終の棲家の基本方針: 1.夜でも心おきなくチェロが弾ける程度に防音された音楽室。響きを重視して適度にライブで、フラッターエコーを抑えられるような凹凸と角度のある壁と天井。この部屋はオーディオルームと少人数アンサンブルの演奏部屋とを兼ね、この家の中心。 2.できれば死ぬまで独りで住めるように、機能的でバリアフリーな家。

この基本方針に対して、本日、設計事務所から基本構想の提案を受けた。目から鱗だったのは、音楽室の形状を土地の境界に合わせて斜めにする案と音楽室を2階に上げる案。前者は、当然、並行な壁が減りフラッター低減に有効。後者は傾斜天井を容易に作れるため、やはり、定在波対策に有効。自分でも色々な間取りを考えていたけど、この2案は思いつかなかった。両案とも音響的に良いので採用です。

写真は、百舌鳥古墳群、大仙公園、音楽室の間取り案

音楽室形状

ベルリン・フィルとパナソニック2016年09月01日

昨日、デジタルコンサートホールのことを書いたが、今日、パナソニックとベルリン・フィルが映像・音響分野の技術開発協力で合意したことが 発表されていた。



ベルリン・フィルと言えば、ソニーとの協業が有名だったが、いつの間にか終焉していたようだ。知らなかった。

パナソニックと協力して取り組む分野としては、デジタルコンサートホールへの4K技術の導入、ハイエンドオーディオブランドであるテクニクスの技術を使ったハイレゾ配信やアナログ録音の探求、自動車内でのハイクオリティコンテンツの再生の最適化、が言及されている。楽しみが増えそうだ。

ベルリンフィルのデジタルコンサートホール2016年09月01日

ベルリンフィルの デジタルコンサートホール に加入した。

これは、アーカイブされている演奏や、演奏会のライブを、ハイクオリティな映像と音声で視聴できるサービス。年会費 149ユーロ(先週までは1割オフのキャンペーンだった)で、好きなだけ聴ける。

映像、音声のクオリティも、コンテンツの量、質も素晴らしい。カラヤン、アバド、バレンボイム、ラトル、はもちろん、小澤、佐渡が振ったときの演奏もある。

オーディオを楽しむためには、パソコンにオーディオインタフェース、オーディオ装置の接続は当然必要。映像もハイビジョン並みなので、大型テレビでも楽しめる。ハイレゾの配信もある。

6月にアップした記事、”ベルリン・フィル 「バビ・ヤール」に痺れる” 、の時の映像もすでにアーカイブに入っていた。客席に自分を見つけた。

見つけた!

神戸牛と音楽と2015年07月12日

今日は娘と神戸で落ち合って神戸牛を食べました。神戸プレジールというJA兵庫直営店ですが、農協のイメージとは程遠い高級感あふれるお店です。鉄板焼きが人気で、予約はホームページから出来ますが、ひと月先までほぼ一杯です。今回は、8000円のサーロイン(100g)のコースとフィレ(80g)のコースで、お肉は半分ずつ混ぜてもらい食べ比べ。これはフィレの圧勝です。当たり前ですかね。地元の野菜を使ったサラダや焼き野菜、それにグラスで注文した神戸ワインも大変おいしく満足、。食事が終わると、鉄板焼きのカウンター席から、ラウンジに移動して、デザートと飲み物で寛げるのもいいですね。

食事の後は、ハーバーランドを散策したのですが、リサイクルショップ(雑貨屋?)の片隅にLPが箱に沢山、300円均一で売られていました。玉石混交ですが、歌謡曲や名曲アルバムみたいなのに混じって、まともなクラシックの盤がちらほら。以下の6枚を買って来ましたが、盤もジャケットも綺麗で、なかなかお買い得でした。

モンテヴェルディ マドリガーレ集 第5巻 ルーリー
ブラームス 4番 ワルター
チャイコフスキー 5番 ムラヴィンスキー
バルトーク 弦打チェレスタのための音楽 ライナー
メンデルスゾーン スコットランド カラヤン
マーラー 大地の歌 ワルター
ドビッシー 牧神の午後への前奏曲他 マルティノン

ヤフオクで見ても1000円前後のものが多く、特にモンテヴェルディのマドリガーレ集は、中古屋さんで4104円で売られていました。400年前に作られた綺麗なハーモニーの恋の歌です。ネットや専門店の販売だと相場を確認して売られているのですが、このような雑貨屋さんだと十把一絡げなので、お得な買い物ができますね。

折から「まちじゅうフルートコンサート」という企画が進行中だったようで、宝塚笛の会 "Violette Lien" というお嬢様達のフルート6重奏を聴くことができました。サウンドもヴィジュアルもなかなか綺麗でした。惜しむらくは観客席がもう少し埋まって欲しかったですね。折角の企画ですから。ところで、神戸はフルートのまち、ということですが何故なのかな。今日は、来しなにも帰りしなにも、大阪でチェロケースを担いだ人を見ました。チェロも何かイベントがあったのでしょうか。

神戸牛を食べに来て、音楽も楽しめて、掘り出し物も見つけて、楽しい一日でありました。
アクセスカウンター