アンネ=ゾフィー・ムターとベルリンフィル2017年06月03日

今回の旅の最後の夜となる27日は、いよいよベルリンフィルとムターの共演である。指揮は25日の公演と同じリッカルド・ムーティで、前半がチャイコフスキー、ヴァイオリン協奏曲、後半が25日と同じチャイコフスキー、交響曲第4番。

今回のプログラムは、ムターがベルリンフィルに13歳でデビュー(カラヤンに見出されて)してから40年になるのを記念するもの。だから彼女の歳はわかるのだが、もうずいぶん前から女王の貫禄十分だったので、意外とお若いのだと思ってしまう。彼女の弾くヴァイオリンの音色の艶やかさ、円熟味を加えて妖艶さ、さえ漂う。写真は、聴衆の拍手に応えるムターだが、ライトの光で露出過多になってしまって残念。

後半の交響曲第4番は、25日には大いに感動した作品なのだが、この日はどこか違う。まず、聴衆が前半のムターの演奏の興奮が冷めやらず、落ち着きがない。演奏者にも先日のような高揚感が見えない(ような気がした)。それでも、聴衆の反応は25日と同じくらい激しく、スタンディングオベーションが続いた。私としては25日の演奏があまりに完璧だったため、期待が高過ぎたのかもしれない。やはり、理屈抜きに素晴らしい演奏に触れる体験というのは、一期一会なのだと実感した。


日時:2017年5月27日
場所:Berliner Philharmonie
出演:
Berliner Philharmoniker
Riccardo Muti (conductor)
Anne-Sophie Mutter (violin)
プログラム:
Piotr Ilyich Tchaikovsky
 Violin Concerto in D major op. 35
Piotr Ilyich Tchaikovsky
 Symphonie Nr. 4 in F minor op.

ベルリン・コンツェルトハウス四重奏団2017年05月29日

5月26日は、日下紗矢子さん率いるベルリン・コンツェルトハウス四重奏団の演奏会に行った。

会場の コンチェルトハウスは、200年前に建造され先の大戦で破壊されたが、終戦後に再建された美しい建物である。大小二つのホールがあり、毎日のようにコンサートが開催されている。この日も、両ホールとも公演が行われていた。

室内楽の小ホールでも、四、五百人入るのだが、満席だった。ベルリンの人が如何に音楽好きかがわかるし、日本の女性率いるクワルテットが本場で堂々と観客を集めているのにも感動した。十分観客の期待に応える演奏だったと思う。

会場: Konzerthaus Quartett Berlin,
日時:Fri 05.26.2017
出演:KONZERTHAUS QUARTETT BERLIN
 SAYAKO KUSAKAVioline
 JOHANNES JAHNELVioline
 AMALIA ARNOLDTViola
 FELIX NICKELVioloncello
プログラム:
・Haydn, Franz Joseph
 String Quartet in D Major, op. 76, no. 5, Hob. III:79
・Janacek, Leos
 Streichquartett Nr. 1 ''Kreutzersonate''
・Beethoven, Ludwig van
 Streichquartett Nr. 16 in F-Dur, op. 135

ムーティのベルリンフィル2017年05月26日

25日はドイツは祝日なので、私は関係ないけど、周りの雰囲気につられ、シュラハテンゼーという郊外の湖に散歩に行った。実はここで写真を撮っていたらスマホを湖に落とすという事故が発生。腹這いになって引き揚げた。防水スマホ素晴らしい。

夜はムーティ指揮のベルリンフィル。シューベルトとチャイコフスキーのそれぞれ4番。とにかくムーティのオーラが凄い。オケも聴衆も完全に心を掴まれた。至福の時。

支配者ムーティ、静かなメロディーのところで、観客が咳き込んだら、横目でちらっと睨んで首を振ったのは、怖かった。観客も演奏のできに責任あるんだぞと言ってるみたい。

しかし、ベルリンフィルがこんなに楽しそうに演奏するの始めてみた。みんな楽しくてたまらんという感じで笑みを交わしてた。3楽章ピチカートのとこなんか、自分が休みの間、他の楽器の演奏に魅了されている。

観客、楽章毎に拍手しそうになるを堪えて、最後は総立ちのブラボー。写真はオケが引き揚げた後もなりやまぬ拍手に応えるムーティ。

今日のベルリンフィルのプログラムは、シューベルト4番とチャイコフスキー4番。明後日は、ムッターを迎えて、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と交響曲4番。なので、4番もう一度聴ける。

エルサレム四重奏団とシフ2017年05月26日

24日はドレスデンからベルリンへの帰り道、ライプチッヒで途中下車。バッハの古巣、トーマス教会による。見学してたらミサが始まり、素晴らしい響きでミサ合唱を鑑賞できた。その後は、向かいにあるバッハ博物館でバッハの勉強。バッハ家の歴史を知り、直筆の楽譜を見たり、古典楽器の音を聴いたり、素晴らしく内容の濃い博物館であった。


夕刻ベルリンに戻ってから、エルサレム四重奏団とシフの、
Weinberg, Brahmsの Piano Quintet を聴いた。この五人、息の合い方素晴らしく、それぞれの独奏部分も魅力的。Weinberg の最後、マネキン状態で数秒間停止。楽譜に休符の小節あるのかな?
エルサレム四重奏団の
チェリストさんの楽器は、デュプレが使っていたものらしい。確かに、美しい音色だったな。

日時:2017年5月24日
場所:Kammermusiksaal - Berliner Philharmoniker
出演者:
Jerusalem Quartet and András Schiff
プログラム:
・Franz Schubert
Quartet Movement in C minor D 703
・Mieczysław Weinberg
Piano Quintet op. 18
・Johannes Brahms
Piano Quintet in F minor op. 34

2017年05月26日(金)00:27 ドレスデンでのロンドンフィルとイッサーリス2017年05月26日

22日の夕方、いつものベルリンのホテルに着き、翌日は、ロンドンフィルとイッサーリスの公演があるドレスデンに向かう。

8時からの公演まで時間があるので観光。ゼンパーオーパー オペラハウスのEnglish guided tour に参加。ルネッサンス様式の造りやギリシャ神話を題材にした天井画などまことに美しい。次回はここでオペラを観よう。余談だが、同じガイデッドツアーに1人で参加していたロシア女性、劇場の美しさに頻りに感嘆し、劇場を背景に自分を写す構図を決めて、私にシャッターを依頼してきた。撮りながら、感じたが、劇場に劣らず美しい女性だった。

その後は、ドレスデン美術館に何気なく入ったけど、ここでまた、素敵な女性たちに遭遇してしまった。ゴーギャンの「パラウ アピ」である。ゴーギャンの描くタヒチの女に昔から魅せられているのだが、ここは人が少なくて、独占状態で見とれることができた。タイトルは、what's new? って訳していた。

さて目的のコンサート、イッサーリスの情熱的なプロコフィエフの演奏が堪能できた。アンコールの鳥の歌も素敵な音色だった。演奏後、大喝采のなか、若手音楽家の教育への貢献で表彰されていた。今回のコンサート、ドレスデン音楽祭のトリだったようだ。写真は受賞スピーチで、子供への音楽教育はその後の人生を豊かにすると熱弁中のイッサーリス。

ブログラムの後半はショスタコーヴィチの15番。この作品、彼の人生を描いた作品?子供の時の思い出のウィリアムテルのテーマから始まり、激動の時代を経て、静かに消え入るように終わる。



会場:
ドレスデンコンサートホール
出演者:
Steven Isserlis, Vladimir Jurowski & London Philharmonic Orchestra
ブログラム:
Glinka, Waltz Fantasia
Prokofiev, Cello Concerto
Shostakovich, Symphony 15

ラトルのスピーチ2016年11月18日



先日、記事をアップした、11月4日のベルリンフィルのコンサートが デジタルコンサートホールにアップされていた。新ウィーン学派三人組の作品の演奏の前にあったラトルのスピーチ、ドイツ語だったので当日は全くわからなかったのだが、英語字幕が付いていたのでやっと理解できた。

話は、想像していたのとだいぶ違い、以下のような内容:
「この三つの作品は、連続してこの順序で演奏するのがいいと思うのです。シェーンベルク、ヴェーベルン、ベルクの順、あるいは、5、6、3の順です(5、6、3、はそれぞれの作品の構成小曲数)。これらは、言ってみれば、14の楽章からなる混成作品。マーラーの交響曲第11番だと言ったほうがいいかもしれません。そんなわけで、三つの作品の間での拍手はご遠慮してくださるとありがたいです。でも、拍手していただければ、それはそれでいいかもしれません。」

観客はラトルの要請に忠実で、結局、拍手は3作品の終わりまでなかった。 ラトルが、マーラーの11番だと言ったのは、マーラーがシェーンベルクを高く評価していたことによると思う。

アップされたビデオの中に、自分の姿を発見。2回連続で、私が見に行ったときの映像がアップされている。ラッキーと言っていいのか?

ベルリンフィル とサイモン・ラトル2016年11月04日

ベルリン訪問最終日は、今回のハイライト、サイモン・ラトル指揮のベルリンフィルである。2002年より続いたベルリンフィルとの契約が、とうとう2018年で満了することが決まり、彼の振る日のチケットは大変な人気である。私は一般販売開始と同時にウェブで購入したが、数分後にソールドアウトしていた。

この日の演目は、前半が新ウィーン学派三人組 Webern, Schönberg, Bergのオーケストラのための作品、後半がブラームスの交響曲2番。正直、後半目当てである。

公演のはじめにラトルさんが少しスピーチをされたのだが、ドイツ語で全くわからない。きっと、前半のプログラムが近代音楽ということで、それを取り上げた意義、後半のブラームスとの関係のようなことを説明されたのかと推測する。

演奏であるが、前半は、ラトルとベルリンフィルであっても、私には無理だった。どう聞けば良いのかわからない。 時々、凄まじいタイコで心臓が飛び出しそうになりながらひたすら耐えるしかなかった。

前半を耐えた人は、後半で天国にお連れしましょう、というプログラム構成なのかと邪推してしまうほど、ブラームスの2番は美しかった。管と弦の見事な呼応、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、バスがかなでる波のような音のうねりに酔いしれる。

ラトルさんやベルリンフィルの皆さん、あるいは観客の一部の人は、前半の音楽にもブラームスに比肩する美を感じることができるのだろうか。羨ましいものだ。

演奏:Berliner Philharmoniker
指揮:Sir Simon Rattle
演目:
Anton Webern
Six Pieces for large orchestra op. 6b
Arnold Schoenberg
Five Pieces for orchestra op. 16
Alban Berg
Three Pieces for orchestra op. 6
Johannes Brahms
Symphony No. 2 in D major op. 73


キアロスクーロ クァルテット2016年11月03日







シュニッツェルとピルスナーで腹ごしらえして、今日は遅れないように、ベルリンコンサートホールでのキアロスクーロ クァルテットの公演に向かう。キアロスクーロは、ロシア出身のヴァイオリン奏者アリーナ・イブラギモヴァが率いるヨーロッパの四人組で、この春には、初来日もしている。出身は、下のメンバーリストのように国際色豊か。

ヴァイオリン
Alina Ibragimova (Russia)
Pablo Hernán Benedí (Spain)
ビオラ
Emilie Hörnlund(Sweden)
チェロ
Claire Thirion (France)


キアロスクーロの演奏は、ガット弦を張ったモダン楽器で、ノンビブラートのバロック奏法というスタイル。ヴァイオリンとヴィオラは立って演奏、チェロはエンドピンを立てずに、抱えて演奏していた。

演目は、最初がモーツァルトのハイドンセットから「春」、次がハイドン「五度」、最後がベートーベン「ハープ」と、ストレート三球勝負。

柔らかなガット弦の音色が溶け合い、えも言われぬ美しさ。特にハイドンは、この演奏スタイルとの相性が良く、絶品。ガット弦あこがれてしまうが、難しいのだろうな。楽章毎にチューニングしていたし。



ベルリン国立歌劇場の蝶々夫人2016年11月02日

昨日、11月1日の夜にベルリンに入り、今日はベルリン国立歌劇場の蝶々夫人を聞いた。国立歌劇場とは言え、本来のオペラハウスは、6年前から改築中で、かなり狭いシーラー劇場での公演。

蝶々夫人を演じたAlexandra Voulgaridou さん(写真)、全く知らなかったが、声も演技も素晴らしい。オペラ全体はクラシカルな演出で、登場する沢山の日本人役の着物の着こなしや立ち居振舞いもしっかり訓練されていて、違和感がない。皆さん、正座させられて辛そう。指揮は韓国の女性 Eun Sun Kim さん。こちらも初めて知ったお名前。

無難な演出で、期待通りの効果をあげるのは、さすが本場の歌劇団。cozyなシーラー劇場に、相応しい公演だったと思う。

実は今日、散歩からホテルに戻った後、時差ボケで寝てしまい、目覚めたら、開演の40分前。飛び起きて着替えて、地下鉄の駅に向かう。乗り換えで迷い、出口でも迷って、到着は開演予定を5分過ぎ。まさに入り口に施錠するところを入れてもらい、係のお兄さんに先導されてダッシュ。二階最前列の20人の前を横切って、席まで後数秒のところで序曲が鳴り出した。迷惑なオジさんを演じてしまい恥ずかしかった。

ベルリン・ドイツ交響楽団 ベルリオーズ ファウストの劫罰2016年06月27日

4日目、今回最後のコンサートは、ベルリン・ドイツ交響楽団(DSO)で、ベルリオーズのファウストの劫罰。オーケストラに独唱、合唱が加わる、オペラ形式で演じられる事も多い大作である。

会場は、初日のベルリンフィル(BPO)と同じ、フィルハーモニー。

この日、ソヒエフの指揮する演奏は、素晴らしい。舞台を段々畑のような客席が取り囲むワインヤード型と言われるフィルハーモニーで聴く臨場感が堪らない。初日は一階席の最前列に座ったが、舞台から少し低いため、見上げ形となり、前列の楽器しか見えない。音も前方から来るため、広がりを感じにくい。この日は、舞台左サイドの二階席、最前列。構造が近いサントリーホールでも感じたことだが、ここではこのあたりの席が最高だと思う。曲の出だし、右手のビィオラで始まり、チェロ、第二ヴァイオリン、第一ヴァイオリン、と反時計回りに音が広がっていくのが、見える。指揮者の視線の先から、音が出る。目と耳で楽しめる。席の真下には、ハープが2台、波打つハープ の音色が、オーケストラと絡む。最高の音楽体験ができた。

余談
席の真下がハープの二人でよく見えたが、ハープ のチューニングは、大変そうだ。演奏の前も、休み時間も、チューナーを見ながら、一本一本、延々と続けていた。

6/26
ベルリン・ドイツ交響楽団 DSO Berlin
指揮:トゥガン・ソヒエフ
曲目:エクトル・ベルリオーズ ファウストの劫罰

La damnation de Faust
Hector Berlioz
アクセスカウンター