日本センチュリー交響楽団 いずみ定期演奏会 No.362017年08月13日

センチュリーのいずみ定期演奏会は、ハイドンマラソンの10回目らしい。

このシリーズ、毎回、新しいハイドンの一面を見つけられて楽しい。60番の「うっかり者」では、最終楽章で調弦の間違いを指摘されたヴァイオリンが一斉にチューニングを始めるという、悪戯好きハイドンの真骨頂の演出が観られる。

54番は、松浦奈々さん、丸山奏さん、など各パートトップのソロがふんだんに聴けるのがうれしい。

今回、ハイドン以外でプログラムに組み込まれたのが、ディッタースドルフのコントラバス協奏曲 変ホ長調という、珍しい曲。ディッタースドルフは、ハイドンと同時代の音楽家で、当時はかなり有名だったらしい。コントラバス協奏曲も2曲残していて、2番のほうが有名なのだが、今回、演奏されたのは1番。コントラバス首席の村田 和幸さんのソロの演奏が素晴らしい。コントラバスのソロって聞く機会はあまりないので、こんなに魅力的だとは、今まで気づかなったな。

ハイドン
交響曲 第60番 ハ長調 Hob.Ⅰ:60 「うっかり者」
ディッタースドルフ
コントラバス協奏曲 第1番 変ホ長調
ハイドン
交響曲 第54番 ト長調 Hob.Ⅰ:54
ハイドン
交響曲 第78番 ハ短調 Hob.Ⅰ:78

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burnet.asablo.jp/blog/2017/08/13/8645708/tb

アクセスカウンター