チェロレッスン 71回目2017年07月16日

今日のレッスン、これまでになく練習がほとんどできていない状態で行くはめに。というのは、昨日が引っ越しだったので、この10日間ほどその準備で多忙を極めた。

先生にお会いするなり、練習できていませんと、挨拶代わりの言い訳をする。そんな生徒は見慣れているのであろう。涼しい顔でレッスンに突入。私のほうは、簡単なところでできるだけ時間を使ってレッスンを切り抜けようと画策。Werner No.24 Cantilena では、譜をみてもメロディ(音程)が解らない、どうしたらいいのでしょうか、と質問というか愚痴を言ってみる。先生、親身に考えてくれて、「ピアノで確認したり、オクターブ下で弾いてみたり、あるいは確実に取れるポジションで鳴らしてみて、2小節くらいずつ覚えてください」 私、「はい、でも、次の日になると忘れているんですよ」 困ったものだ。

Feuillard も丁寧に弾いて時間を使う。ここで、ついに親指ポジションが出てきた。押さえ方を教わり試してみる。D線を押さえると、A線のところが痛い。痛みが我慢できるようになるまで練習して来てくださいって。チェロってサディスティックなんだ。
アクセスカウンター