牧逸馬の世界怪奇実話 (光文社文庫)2017年07月02日

牧逸馬(まき いつま)は、長谷川 海太郎という、1920、30年代に大活躍した作家のペンネーム。この人、またの名を林不忘(はやし ふぼう)と言い、「丹下左膳」シリーズの著書。さらに旅行記を書くときは、谷譲次を名のった。

1900年に佐渡に生まれ、函館で育つ。学生時代から英語が堪能、文学青年でありながら、応援団長で喧嘩に明け暮れるという、破天荒な学生だった。1920年に日本を飛び出し、1924年まで米国を放浪。帰国して、流行作家になる。1928年から、1年3ヵ月の間、欧米を旅し、怪奇事件を扱った書物を買い占めて調査。その時の成果が、本書「世界怪奇実話」になった。

1935年に短い生涯を閉じるまでに、三つのペンネームを駆使し、それぞれに大流行作家となり、売り上げで御殿を築いたそうだ。昭和の初めにこんな面白い作家がいたとは、いままで全く知らなかった。

この世界怪奇実話、欧米で世間を騒がせた、世にも恐ろしい、あるいは奇妙な事件について、著者が欧州で買い集めた様々な記録を紐解いて、様々な視点から事件を描写したものである。収められている事件は、
「切り裂きジャック 女体を料理する男」
「ハノーヴァーの人肉売り事件 肉屋に化けた人鬼」
「マリー・セレスト号事件 海妖」
「タイタニック号沈没 運命のSOS」
「マタ・ハリ 戦雲を駆る女怪」
「テネシー州、猿裁判 白日の幽霊」
「ローモン街の自殺ホテル」
「双面獣」
「クリッペン事件 血の三角形」
「ウンベルト夫人の財産」
「女王蜘蛛」
「ドクター・ノースカット事件 土から手が」
「ブタペストの大量女殺し 生きている戦死者」
「浴槽の花嫁」
の 14編。

タイタニック号やマタ・ハリの名は、いまでこそ、日本でもあまりに有名であるが、当時、ほとんど知る人もいなかったらしい。他の事件は猶更である。

この本を読んで、驚くのは、まず、その語り口が、現在の週刊誌に載せても可笑しくないほど、現代的あること。次に、欧米の文化風俗の描写の自然さ。当時の日本の一般大衆は外国人や外国文化との接点は極めて限定されていた筈で、外国の文化とは、モノクロの無声映画を通して覗き見るようなものだったのではないだろうか。気軽に海外に出かける現代人とは違うのである。それを、牧逸馬は、気取りも無く、隣町での出来事のように自然に、生き生きと描写している。

本書で扱われた事件は、血なまぐさいものが多いのだが、それらと一線を画しているのが、「テネシー州、猿裁判 白日の幽霊」である。これは、テネシー州の反進化論法に違反した疑義で告訴された教師の裁判という形で行われた、反進化論法に関する争いの話である。

その軽妙な語り口を少し引用してみる:

『スコープス君に相談すると、対「反進化論法」の実験用として、法廷に立つことを辞さないという。つぎは、軍資金の問題。が、これは「アメリカ自由市民ユニオン」- American Civil Liberties Union - なる団体が、被告の裁判費用をひき受けることになったので、そこで、馴れあいである。だれかが告訴しなければ事件にならないから、ラブリー博士がスコープス君をおそれながらと訴えでた。
「あの者は、不届きしごくにも御禁制の進化論を教えておりますようでー」
そいつは大変と内偵してみると、なるほどスコープス君は涼しい顔で、さかんに教場で進化論入門みたいなことを弁じたてている。もってのほかとあって、逮捕尋問におよぶと、待ってましたとばかり、
「進化論を教えるのがなぜいけない。よし!裁判にかけてもらおう」
と呆れかえったずうずうしい返事だ。
予審裁判官によって起訴された。
テネシー州 The State of Tennessee 対ジョン・タマス・スコープス John Thomas Scopes の公判。
罪名は、「教えちゃいけないってのに進化論を教えた罪」』

これに続いて、陪審員に選ばれた農家のおじさんのすっ呆けた答弁や、反動政治家の大本山ウィリアム・ジェニングス・ブライアンと、ニューヨークの有名弁護士クレアランス・ダローの一騎打ちの論戦が、面白おかしく描写される。まことに、当時のアメリカの世相が生々しく感じられる文章である。

タイタニックにしろ、マタ・ハリにしろ、いまではよく知られた事件ではあるが、私自身は、何となく映画をみたり、話を聞いたことがある程度の知識しかない。なので、事件の詳細は、この本で初めて知ったことばかりである。牧逸馬の文章で読むと、単に事件の記録を知るだけでなく、同時代の事件として語られているため、当時の人がどのような驚きで事件を受けとめたのかまで伝わってくる。日本の当時の読者に与えた驚きも大きかっただろうと思う。

紹介された事件の怪奇さも衝撃だが、長谷川 海太郎という人物の存在を知ったことが、嬉しい衝撃であった。これから、この人の残した沢山の本を読むのが楽しみである。

チェロレッスン 70回目2017年07月04日

レッスンも70回目で、先生の前で弾くのにも慣れてきたはずなのだが、Werner のp89 の最後のエチュード(装飾音の練習)で、ゲシュタルト崩壊を起こしてしまった。練習では、難なく弾けていたのに、2段目の途中から突然、楽譜が読めなくなり、メロディも思い出せない。先生のお手本を聴いているうちに、元に戻ったのだが、困ったものだ。

気を取り直して、Lee のNo.6、Feuillardの39,40 は合格。

Vivaldi のsonata No.3 は、弾けるようになった第1楽章を先生とデュエットしていただく。相撲好きのロストロポーヴィチは、Largo は横綱の相撲のように弾きなさいって指導していたのだが、今の演奏は関脇くらいかな、とのご批評をいただいた。第2楽章以降は、次回に持ち越し。

この週末は、土曜日にアンサンブル仲間との練習、日曜日にチェロのレッスン、その後、別のアンサンブルの練習とチェロ三昧であった。

嬉しかったこと
「いつか王子様が」で、今のチェロとてものりやすかったって、Vlさんに言われた。
Stamitz の初見で弾いた曲、ハーモニーの美しさに痺れた。
Vivaldi のSinfonia で、いままで音程がとれなかったフレーズが辛うじてクリアできた。
Isserlis のツィートに返信したら返事が貰えた。

悲しかったこと
カノンのチェロが難しい編曲、Vlさんにチェロの速度が狂うところを正確に指摘された。
Stamitzの初見で弾いた曲、2楽章で変ホ長調になったとたん落ちまくった。
練習して行った Chim Chim Cher-ee、はやらず。

日本センチュリー交響楽団 第218回 定期演奏会2017年07月10日

月7日のセンチュリー交響楽団第218回定期演奏会。今回は、指揮者もチェロ奏者も初めて。指揮のコヴァーチュさんは、東京フィルの名誉指揮者も務めるハンガリーの巨匠らしい。

最初のリストの交響詩、オケを歌わせる指揮者のコヴァーチュさんの体の使い方が素晴らしい。背が高いからか、指揮台を使わない。広い床を使った脚の動きが、こんなに表現豊かな指揮者も初めてみた。タップを鳴らしそうな脚の動き。それに応えるセンチュリーも素晴らしい。豊かな表現力の交響詩を聴くことができた。

2曲目は、チェロのマインツさんのソロで、シューマンのチェロ協奏曲。いきなり、マインツさんのチェロの音色の優しさ、美しさにびっくり。何とも甘い音色で、私のイメージのシューマン、チェロ協奏曲とは違う。私の中では、デュ・プレが弾いているように、恐ろしげな、音楽なのだが。あまりに音楽が優しいので、不覚にもしばらく意識を失ってしまった。目が覚めるともうフィナーレ。北口さんとの掛け合いを楽しみにしていたのに、聞き逃した。

今年はコダーイの没後50周年ということで、後半は、コダーイの曲が続く。ハンガリーの伝統音楽からテーマを取ったという「飛べよ孔雀」による変奏曲と、ガランタ舞曲。さすがにハンガリーの巨匠コヴァーチュさんの指揮、美しく、雰囲気のある演奏だった。

今日は、松浦 奈々さんはお休みで、コンマスは首席客演の荒井 英治さんでした。荒井さんといい、チェロの北口大輔さん、ヴィオラの丸山奏さん、とセンチュリーの首席は素晴らしい人材が揃っている。

2017年7月7日(金) 19:00開演
ザ・シンフォニーホール
指揮:ヤーノシュ・コヴァーチュ
チェロ:イェンス=ペーター・マインツ
プログラム:
 リスト:交響詩「前奏曲」 S.97
 シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129
 コダーイ:ハンガリー民謡「飛べよ孔雀」による変奏曲
 コダーイ:ガランタ舞曲

チェロレッスン 71回目2017年07月16日

今日のレッスン、これまでになく練習がほとんどできていない状態で行くはめに。というのは、昨日が引っ越しだったので、この10日間ほどその準備で多忙を極めた。

先生にお会いするなり、練習できていませんと、挨拶代わりの言い訳をする。そんな生徒は見慣れているのであろう。涼しい顔でレッスンに突入。私のほうは、簡単なところでできるだけ時間を使ってレッスンを切り抜けようと画策。Werner No.24 Cantilena では、譜をみてもメロディ(音程)が解らない、どうしたらいいのでしょうか、と質問というか愚痴を言ってみる。先生、親身に考えてくれて、「ピアノで確認したり、オクターブ下で弾いてみたり、あるいは確実に取れるポジションで鳴らしてみて、2小節くらいずつ覚えてください」 私、「はい、でも、次の日になると忘れているんですよ」 困ったものだ。

Feuillard も丁寧に弾いて時間を使う。ここで、ついに親指ポジションが出てきた。押さえ方を教わり試してみる。D線を押さえると、A線のところが痛い。痛みが我慢できるようになるまで練習して来てくださいって。チェロってサディスティックなんだ。

ジーヴズの事件簿―才智縦横の巻 P.G. ウッドハウス2017年07月31日

☆☆☆☆★

20世紀初頭の英国の作家P.G. Wodehouse の短編小説ジーヴズシリーズの名作選。ロンドンを舞台に、天然ボケの不労所得階級の青年バーティの身の回りに持ち上がる様々な問題を、彼の執事ジーヴズが見事に解決していくユーモア小説。ジーヴズがバーティに仕えているようで、実は、意のままに操っているのが面白い。気楽に楽しめる短編で、何十冊もある宝の山の入り口を見つけたという感じ。

何でも知っているジーヴズはイギリスはもとより全世界で人気のキャラクターで、今でも人気があるようだ。

ask.com という今はマイナーな検索サイトがあるが、以前は、Ask Jeeves という名前の英国の会社だったらしい。買収されて名前が変わった。

ところで、イギリスの執事というと、カズオ・イシグロの「日の名残り」の主人公スティーブンスが真っ先に頭に浮かぶ。こちらは、滅私奉公を続けてきたスティーブンスが、休暇をもらい旅行をしながら人生を振り返る物語。

同じ執事というものの、ジーブズ君とはずいぶん違う。調べてみると、スティーブンスはbutler であり、雇用者の家に仕える。いわば、貴族の館のマネジャーである。一方、ジーブズ君は、雇用者個人に仕える valet 従僕である。やはり、butler のほうが格が上なのだろう、パーティはジーブズを「必要とあればとても有能な執事になれる」と評しているようだ。

浅学な私は、いままでジーブズもウッドハウスも知らなかったのだが、読んで見ようと思ったきっかけは、チェリストのイッサーリス氏がツイッターで、時々、PG Wodehouse の小説からの引用を投稿するのを読んで、興味をもったことである。彼の引用は、どこが引用するほど面白いのか、今一つわからなくて、それが却って興味を引いた。日本人が面白いと思う感覚を外国人に伝えるのが難しいのと同じことなのだろう。

イッサーリス氏のツイッターでは、例えば、こんな引用がされていた。()内は拙訳。

'I spent the afternoon musing on Life. If you come to think of it, what a queer thing Life is! So unlike anything else, don't you know.'
PGW
(午後を人生について思いを巡らして過ごした。考えてみると、人生ってなんて変なものなんだろう! 他の何とも似ていない。そう思わない?)

“She uttered a sound rather like an elephant taking its foot out of a mud hole in a Burmese teak forest.”
― P.G. Wodehouse
(彼女は、像がビルマのチークの森の泥の穴から足を引き抜いた時のような音を発した。)

He looked like something stuffed by a taxidermist who had learned his job from a correspondence course & had only got as far as lesson 3
PGW
(彼は、通信教育で第3教程まで剥製作りを習った剥製師が詰め物をした剥製のようにみえた。)

“It was one of those still evenings you get in the summer, when you can hear a snail clear its throat a mile away.”
― P.G. Wodehouse
(それは、カタツムリが一マイル先で咳ばらいするのが聞こえるほど静かな、あの夏の夜の一晩であった。)
アクセスカウンター