アンネ=ゾフィー・ムターとベルリンフィル2017年06月03日

今回の旅の最後の夜となる27日は、いよいよベルリンフィルとムターの共演である。指揮は25日の公演と同じリッカルド・ムーティで、前半がチャイコフスキー、ヴァイオリン協奏曲、後半が25日と同じチャイコフスキー、交響曲第4番。

今回のプログラムは、ムターがベルリンフィルに13歳でデビュー(カラヤンに見出されて)してから40年になるのを記念するもの。だから彼女の歳はわかるのだが、もうずいぶん前から女王の貫禄十分だったので、意外とお若いのだと思ってしまう。彼女の弾くヴァイオリンの音色の艶やかさ、円熟味を加えて妖艶さ、さえ漂う。写真は、聴衆の拍手に応えるムターだが、ライトの光で露出過多になってしまって残念。

後半の交響曲第4番は、25日には大いに感動した作品なのだが、この日はどこか違う。まず、聴衆が前半のムターの演奏の興奮が冷めやらず、落ち着きがない。演奏者にも先日のような高揚感が見えない(ような気がした)。それでも、聴衆の反応は25日と同じくらい激しく、スタンディングオベーションが続いた。私としては25日の演奏があまりに完璧だったため、期待が高過ぎたのかもしれない。やはり、理屈抜きに素晴らしい演奏に触れる体験というのは、一期一会なのだと実感した。


日時:2017年5月27日
場所:Berliner Philharmonie
出演:
Berliner Philharmoniker
Riccardo Muti (conductor)
Anne-Sophie Mutter (violin)
プログラム:
Piotr Ilyich Tchaikovsky
 Violin Concerto in D major op. 35
Piotr Ilyich Tchaikovsky
 Symphonie Nr. 4 in F minor op.

コメント

_ 糸魚川 ― 2017年06月23日 12:35

私も、このコンサート鑑賞しました。ムターのオーラはすごかったですね。まさに貫禄のチャコフスキーを聴かせてもらいました。私は、ベルリンへは一人旅で5日観滞在しました。本拠地フィルハーモニーでベルリンフィルを聴くのが長年の夢でしたので、実現できた喜びに浸っています。日本人もちらほらといましたね。同じホールで鑑賞できたことをうれしく思います。

_ 吾亦紅 ― 2017年06月27日 20:10

コメントありがとうございます。同じコンサートにいらしたのですね。私も一人旅でした。最近は、年に2回位は、ベルリン付近に行ってます。長年憧れていたムターを初めて見れて興奮しました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burnet.asablo.jp/blog/2017/06/03/8583528/tb

アクセスカウンター