ムーティのベルリンフィル2017年05月26日

25日はドイツは祝日なので、私は関係ないけど、周りの雰囲気につられ、シュラハテンゼーという郊外の湖に散歩に行った。実はここで写真を撮っていたらスマホを湖に落とすという事故が発生。腹這いになって引き揚げた。防水スマホ素晴らしい。

夜はムーティ指揮のベルリンフィル。シューベルトとチャイコフスキーのそれぞれ4番。とにかくムーティのオーラが凄い。オケも聴衆も完全に心を掴まれた。至福の時。

支配者ムーティ、静かなメロディーのところで、観客が咳き込んだら、横目でちらっと睨んで首を振ったのは、怖かった。観客も演奏のできに責任あるんだぞと言ってるみたい。

しかし、ベルリンフィルがこんなに楽しそうに演奏するの始めてみた。みんな楽しくてたまらんという感じで笑みを交わしてた。3楽章ピチカートのとこなんか、自分が休みの間、他の楽器の演奏に魅了されている。

観客、楽章毎に拍手しそうになるを堪えて、最後は総立ちのブラボー。写真はオケが引き揚げた後もなりやまぬ拍手に応えるムーティ。

今日のベルリンフィルのプログラムは、シューベルト4番とチャイコフスキー4番。明後日は、ムッターを迎えて、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と交響曲4番。なので、4番もう一度聴ける。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burnet.asablo.jp/blog/2017/05/26/8575278/tb

アクセスカウンター