チェロレッスン 68回目2017年05月20日

Werner No.23
Werner のNo.22(写真)は、 装飾音の練習。前打音を付けた音が、短3度、長3度、完全4度、完全5度、長6度などいろんな音程で動くので、音感の悪い私は、音を取るのに随分苦労した。メロディがないぶん、余計に難しい。音を覚えるまで、何時間も費やしてしまった。

Lee は、No.5 が終了。これは、レガートの練習ということで、弓を全部使って弾くのがポイントだった。この教本の曲はどれも美しい。

Fuillard はNo.37 (手首で弾くスタッカートの練習)は、先生とデュエットして終わり。No.38は、ポジション移動したときに、音程が悪いところがあり持越し。

Vivaldi のSonata No.3 は、第2楽章まで弾いた。まだ、譜読みができた低dで、完成までは時間がかかりそう。

時間のかかる課題が沢山あり、せっかく楽譜を貰った無伴奏プレリュードだが、なかなか、着手できない。来週は、ベルリンに旅行するし、当面、お預け。7月はレッスンが3回できると言われたので、それまでには、さらってみようと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burnet.asablo.jp/blog/2017/05/20/8569182/tb

アクセスカウンター