センチュリー交響楽団 いずみ定期演奏会 No.342017年03月05日

センチュリーのいずみ定期、ハイドンマラソンを聴くのは3回目になるが、毎回面白く、外せない演奏会になった。

今回は、16、37、100番の3曲に、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲4番という構成。演奏は、ハイドンの時代の様式を考証して、編成を工夫している。16番と37番は、通常の半分位の人数、100番は少し増やして重厚感を増していた。このオケで聴くハイドンは、いつも新鮮で、これまでCDで聞き流していたものが、こんなに面白かったのかと気づかされる。

演奏のテンポ感が良いのは、飯森さんの指揮もあるが、コンミスの松浦奈々さんのリズム感によるところもありそうだ。曲のリズムに合わせて体を大きく揺らす彼女の演奏スタイル、頭の動きがとてもチャーミングで、視覚的にも魅せられる。今回のような小編成の演奏では、とくに目立つ。

100番は、ロンドン交響曲の一つで、「軍隊」の愛称で呼ばれている。沢山の鈴を付けた打楽器、シェレンバウム(写真)のシャンシャンという音と、軍隊ラッパを模したトランペットのパパパパーンというファンファーレが、ハイドンの時代にタイムスリップさせてくれた。


2017年3月3日
いずみホール
指揮:飯森 範親
ヴァイオリン:漆原 朝子
ハイドン 交響曲 第16番 変ロ長調 Hob.I:16
モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218
ハイドン 交響曲 第37番 ハ長調 Hob.I:37
ハイドン 交響曲 第100番 ト長調 Hob.I:100「軍隊」

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://burnet.asablo.jp/blog/2017/03/05/8390355/tb

アクセスカウンター