センチュリー交響楽団 いずみ定期演奏会 No.342017年03月05日

センチュリーのいずみ定期、ハイドンマラソンを聴くのは3回目になるが、毎回面白く、外せない演奏会になった。

今回は、16、37、100番の3曲に、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲4番という構成。演奏は、ハイドンの時代の様式を考証して、編成を工夫している。16番と37番は、通常の半分位の人数、100番は少し増やして重厚感を増していた。このオケで聴くハイドンは、いつも新鮮で、これまでCDで聞き流していたものが、こんなに面白かったのかと気づかされる。

演奏のテンポ感が良いのは、飯森さんの指揮もあるが、コンミスの松浦奈々さんのリズム感によるところもありそうだ。曲のリズムに合わせて体を大きく揺らす彼女の演奏スタイル、頭の動きがとてもチャーミングで、視覚的にも魅せられる。今回のような小編成の演奏では、とくに目立つ。

100番は、ロンドン交響曲の一つで、「軍隊」の愛称で呼ばれている。沢山の鈴を付けた打楽器、シェレンバウム(写真)のシャンシャンという音と、軍隊ラッパを模したトランペットのパパパパーンというファンファーレが、ハイドンの時代にタイムスリップさせてくれた。


2017年3月3日
いずみホール
指揮:飯森 範親
ヴァイオリン:漆原 朝子
ハイドン 交響曲 第16番 変ロ長調 Hob.I:16
モーツァルト ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218
ハイドン 交響曲 第37番 ハ長調 Hob.I:37
ハイドン 交響曲 第100番 ト長調 Hob.I:100「軍隊」

チェロレッスン 63回目2017年03月05日

昨日のレッスン、Werner、Book3の2ページめ最初の課題とLee のNo.3は、二度ずつ弾いて、まあいいでしょう、ということで、早々に、Vivaldi RV47 に移る。

今回、オーフラ・ハーノイの演奏をコピーして、1楽章の修飾音で、前打音から初めてトリル3回で練習して行った(前回レッスンまでは、一番簡単な、親音符から初めてトリル一回だった)。先生からは特にコメントはなかったので、気にいっていただけたと思う。

4楽章は、16分音符の連続を弓を返して弾く、軽快なAllegro の曲なのだが、腕全体を動かしているので速度が上がらないようだ。先生が、私の真似をしてくださるのだが、シンバルを叩く玩具のサルみたいで笑える。手首で弾く練習が必要だ。

1楽章は一応弾けるようになったので、8分音符にしっかりビブラートをかけて、3連符の頭をテヌートで延してみましょうと、曲作りの指示をいただく。3連符の頭を延すのは、ビルスマの演奏を聴いてやりたいと思っていたことなのだが、いざやれと言われると、ハーノイの演奏で練習していたので、直ぐにはイメージが湧かなかった。

帰宅してから、どんな曲作りをしようかと、色々な演奏を聴いてみる。ナクソスミュージックライブラリーで検索すると、同じ音源でレーベルが違うものを除いても、14もの音源がある。これらを聴いてみると、それぞれの違うこと、甚だしい。バロックピッチかモダンピッチかの違いはさておき、装飾音の入れ方、速度、強弱、スタッカートかスラーか、繰り返しの入れ方、等々、演奏者によって様々に工夫されている。特に面白いのが、ディールティエンスとアンサンブル・エクスプロラシオンの演奏。変奏曲と言ったほうがいいんじゃないというほど手が入っているが、素敵だ。ナクソスのアカウントを持っていなければ、下の写真からリンクしているアマゾンのサイトで試聴できる。

先生にはあまり色々聴くとどうしていいかわからなくなるよと注意されているので、演奏の参考にするのは、ハーノイ版とリンデン版のオーソドックスな演奏に絞ろうと思う。

アクセスカウンター